探すちくご
印刷する
工房 楡の木

樟脳とクスノキで作った、その名も『くすだま』

『工房 楡の木』の中村俊一さんは、家具販売から独学で家具作りを学び、工房まで開いたという異色の職人。とにかくアイディアと工夫と技術の人で、大きな工場ではできないようなユニークなものを次々と生み出している。クスノキのタマゴに樟脳が入った『くすだま』は、平成20年の全国推奨観光土産品に選ばれている。継ぎ目が目立たないので「どうやって樟脳を中に入れたの?」と気になってしょうがない。


『楡の木』の中村さんご夫妻

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 荒木製蝋

    (工芸品)
    江浦にある『荒木製蝋』は江戸時代から続く、今では日本に3軒しかない木蝋(櫨蝋)の製造所。木蝋で作る和…

    詳細を見る
  • 筒井時正玩具花火製造所

    (工芸品)
    高田町竹飯の『筒井時正玩具花火製造所』3代目の筒井良太さんは、14年前に親会社でもある八女の線香花火製…

    詳細を見る
  • 内野樟脳

    (工芸品)
    鉱泉の湧く瀬高町長田で150年以上にわたって国産クスノキ100%の樟脳を作り続けてきた『内野樟脳』は…

    詳細を見る
  • 陳列室 七耀舎

    (雑貨)
    潜り戸のようなドアから室内へ一歩踏み入ると、まるで博物館か美術館のバックヤードのような雰囲気。とはい…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県みやま市瀬高町坂田1166
TEL
0944-63-2610
営業時間
10:00~18:00
定休日
木曜
席数
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
ホームページ
http://www.nirenoki.com
アクセス
「JR瀬高駅」より徒歩で約15分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る