探すちくご
印刷する
とあるパリの街角パン屋 パリ・モンスリー

「手間と時間を惜しまず」
がおいしさの極意

「手間暇かけて作ることが味の秘訣です」と、神戸の名店で修行を積んだ古賀泰さんが腕を振るうパンは、どれも愛情たっぷり。20年変わらぬ『パンド・ミー』(720円)は砂糖を最低限に抑え、2種類の酵母を使った看板商品。欧風なハード系で、一口食べると口いっぱいにバターの香りがふんわり広がる。フランス仕込みのケーキもぜひ!


この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • Chez Sagara [ シェ・サガラ ]

    (パン)
    店名は〝相良さん家〟という意味。「家主」の相良一公さんが作るのは、田主丸の自然の恵みを生かしたハード…

    詳細を見る
  • 粉kona屋 [ こなこなや ]

    (パン)
    小郡の住宅街。「自家製天然酵母ぱん 粉kona屋」と彫られた小さな看板に引き寄せられ、古い木製の扉を開け…

    詳細を見る
  • ニコパン

    (パン)
    訪れる人をニコニコにさせてくれる一軒のベーカリー・カフェがある。店のオーナーは北島夫妻。ふたりともに…

    詳細を見る
  • じゃぱん

    (パン)
    木々が立ち並ぶ『天然田園温泉ふかほり邸』の中庭に、ちょこんと佇むパン工房。「おいしい健康」をテーマに…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大川市小保173
TEL
0944-87-6919
営業時間
8:30~19:00
定休日
月曜
席数
10席
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
不可
ホームページ
parimon.tumblr.com
アクセス
九州自動車道「八女IC」より車で約30分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る