探すちくご
印刷する
お好み焼 だるま

饅頭屋さんと思いきや、
古物商の手になる懐古的お好み焼処

カウンターに腰を下ろすと、すだれの向こうに背を丸めて鉄板に向かう長身の人物が見える。話しかけるのがためらわれるほど、集中している様子だ。
 店主の村里剛さん。お好み焼きを始めたのは、家業だった饅頭店の経営が思わしくなくなったのがきっかけ。饅頭の素材である小麦粉を使って何か始められないだろうか、と考えたのだ。 
 古いものを愛するが故に古物商免許まで取得し、骨董競り市にも参加するという村里さんの店。店舗の改装を手がけたのは友人でもある『野村建設』の野村隆博さんだ。現場には設計図などはなく、村里さんが作りたいイメージを野村さんに伝えながら工事は進められ、昭和レトロに満ちた店が完成した。
 だるまの『お好み焼』は、大牟田名物のダゴではなく、広島風に良く似ているがこれまた違う。子どものころに通った駄菓子屋のばーちゃんが店先で焼いていた一銭洋食が原点だ。味を追求する姿勢は熱い。20年前、開業前夜のこと。「ソースが不味いって言うんですよ、ウチの親父」。すべて作り直して開店の朝を迎えたというエピソードも。
 若き店主は一見したところコワモテなのだが、実は口下手なだけらしい。自称ひきこもり(笑)。「大好きな古道具屋めぐりには出かけるけど、めったに自宅敷地から出ないから」だとか。


メニューはすべて一人で考える。見た目も可愛い『オムソバ』(800円~)やネギたっぷりのお好み焼き『ネギミックス』(800円)。大牟田では珍しい『もんじゃ』(750円~)も

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • マイキッチン

    (和食)
    「イカ弁当」 通称イカタル。海苔ご飯にイカ唐揚げと特製タルタルソースの相性が抜群。タルタルたっぷりだ…

    詳細を見る
  • 高専ダゴ 旭町本店

    (和食)
    ダゴとは、ここ大牟田ではお好み焼きのこと。この店一番人気のメニューはなんと通常の3人前、鉄板いっぱい…

    詳細を見る
  • お料理 「みずのさい」

    (和食)
    八女を訪れる度に、ここに足を運びたくなる理由。それは、〝もてなし〟のこころに尽きる。風韻が感じられる…

    詳細を見る
  • 皿屋 福柳

    (川の幸)
    せいろ蒸しの老舗が作った『うなむす』(2個500円)は、タレが染みたご飯と蒲焼きに、有明海の海苔を巻いた…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大牟田市西浜田町18
TEL
0944-52-4660
営業時間
11:30~15:00/18:00~21:00(OS20:45)
定休日
火曜ほか不定
席数
22席
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
ホームページ
http://www.geocities.jp/okonomiyakidaruma/
アクセス
「大牟田駅」より徒歩で約12分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る