探すちくご
印刷する
石橋屋

山里から世界へ発信!
手作りに立ち返った
ミスター・コンニャク

コリコリとした歯ごたえの良さと、味染みの良さ。これが、明治10年の創業で、今では全国でも数件しか残っていない「バタ練り」という昔ながらの製法で作る石橋屋のこんにゃくの特徴だ。と言うとひたすら手作りにこだわってきたようだが、実は人手不足でオートメーションを導入し、大半を機械化した時期もあったのだとか。「『昔は旨かったのに』と言われるのが悔しくって」と4代目社長の石橋渉さん。ある時、大手メーカーを訪ねて手作りの大切さに気づかされ、手作り一本に絞ろうと、なんと機械をすべて処分してしまったのだ。
 その後、手作りの味を知ってもらうために飛び込み営業で実演販売を続け、今では全国の百貨店や高級スーパーだけでなく、ヘルシーなノンカロリー食品として海外にも輸出。アメリカのバイヤーからは「ミスター・コンニャク(英語ではnyaが発音しづらいので〝Mr.konjac〟)」と名誉な愛称で呼ばれている。


幼いころは「蒟蒻屋と言われるのが嫌だった」という石橋さん。仕事に誇りを持てるようになったのは、自分の名を冠した商品『こんにゃく職人 石橋渉』を世に出してからだったとか。家業を継いで伝統を守る仕事はモチベーションを保つのが難しそうだが「続けていくことが大切なんです」と言う。回転する羽のついた箱を使い、手でこんにゃくを練り上げる「バタ練り」。温度によって練る時間が変わるので、手の感触で判断する。輸出先

取材memo
※工場での販売はなし。見学は事前に問合せを

ミスターのこんにゃくが
買えるところ!

道の駅「おおむた」

店内の一角には石橋屋のコーナーがあり。独特の歯ごたえが受けて、
売れ行きは上々とのこと。『本手延べ蒟蒻』250円、『さしみこんにゃく』235円、ほか。

[所]大牟田市四箇新町2-1
[電]0944-50-1187
[営]9:00~18:00 [休]なし [P]あり カード/不可
http://www.hanapluskan.jp/
九州自動車道「南関IC」より車で約5分

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • オーム乳業

    (山の幸)
    愛飲する大牟田育ちは全国的商品だと思いがちだが、かなりレアなご当地飲料。ジュースかと思いきや、リンゴ…

    詳細を見る
  • あげもんイワナガ

    (和食)
    「とろ~り玉めし(230円)」は、醤油ベースの秘伝タレの甘味が染み入った“おにぎり”に、とろっとろの“半熟卵”…

    詳細を見る
  • ふる郷

    (山の幸)
    あなたにとっての「ご馳走」とは何だろうか。八女市黒木の地元の取れたて野菜が並ぶ直売所『みちばた』の横…

    詳細を見る
  • うきはのほっこり弁当

    (和食)
    県で初めて「森林セラピー基地」の認定を受けた福岡県うきは市。「うきはのほっこり弁当」は、うきはの森林…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大牟田市大字上内529
TEL
0944-58-6683
営業時間
定休日
席数
駐車場
カードの使用
喫煙
ホームページ
http://konjac.jp/
アクセス
九州自動車道「南関IC」より車で約7分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る