探すちくご
印刷する
松楠居

昭和初期の
歴史的木造民家を再生

『松楠居』は、福岡市・大名にある老舗醤油醸造元『ジョーキュウ醤油(当時は松村久商店)』の3代目社長の住居として、昭和11年に作られた建物。平成17年の福岡県西方沖地震で、かなりの被害を受けたが、もはや文化財でもある昭和初期の木造民家を残したいという思いからリノベーションを実施。地震の補修以外はなるべく原型を残し、改築も最小限にとどめるという方針のもと、現在のような形で家屋を保存し再活用することになった。現在、1階には手打ち蕎麦『やぶ金』が入り、2階はイベント・スペースとして利用している。平成24年10月には、ここで「福岡ちくご週間」が開催される!


この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 万田坑

    (歴史・文化)
    明治後期~昭和初期の主力坑だった「万田坑」の跡。1893年に完成した高さ18.8mの第二竪坑櫓と煉瓦造2階建て…

    詳細を見る
  • いわい家具

    (工芸品)
    比類なき創作性を持つ家具。平田さんの感性が生み出すクリエイティブな表現は、創作家具ラヴァーたちの心を…

    詳細を見る
  • 飛鳥工房

    (工芸品)
    無垢素材を使った木の玩具は肌触りも良くて安全。なんだか柔らかみがあって優しくて…、大人でも、触っている…

    詳細を見る
  • 大川観光情報センター

    (歴史・文化)
    大川市がイタリア・ポルデノーネ市と姉妹都市を提携していることから、「南欧の香りがする街」をコンセプト…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡市中央区大名2-1-16
TEL
092-712-3737
営業時間
11:30〜21:00
定休日
2012年10月2日(火)〜8日(月・祝)開催
席数
駐車場
なし
カードの使用
不可
喫煙
不可
ホームページ
http://kankou.chikugolife.jp/0810chikugo7days_M.pdf
アクセス
「西鉄福岡(天神)駅」より徒歩約10分
ACCESS MAP

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る