探すちくご
印刷する
藍染絣工房 山村健

昔ながらの技法はそのままに、
斬新でスタイリッシュな今どきの久留米絣に注目!

かつては庶民の普段着だった絣。伊予、備後と並んで、日本三大絣に数えられる久留米絣は、ちくごを代表する伝統工芸品のひとつといえる。昔ながらの製法を今も受け継ぎ、藍染め、手織りにこだわった絣を丁寧に作っているのは、八女郡広川町の『藍染絣工房』四代目・山村健さん。
 素人目にはまったく分からない藍色の染め具合も、「この色は理想に近いんですが、まだまだ私が本当に出したい色ではありません。ちょっとした工程にしても、今日はよくできても、明日もうまくできるとは限らない。植物染料の発酵具合ですら、天気や気候によって左右されますので、日々勝負、日々勉強ですね」と、かたくななまでの職人魂が存在する。
 絣は着ていくごとに、また、洗っていくごとに、風合いや手触りが着る人の肌に馴染んでいく。それゆえに、自分とともに長い時間を刻める、気に入った一着を選びたい。「これはね、海に夕日が沈んでいくさまを模したもの。これは目の錯覚を利用して、立体感を出した幾何学的なデザインです。直にお客さまとお話していて、ひらめいたものなんですよ」。こう話す山村さんは、さっきまでの表情とは一転。顔が綻び、どこかうれしそう。見せてくれた自慢の絣も、これまでの久留米絣のイメージにはない、斬新でスタイリッシュなデザインだ。これなら世代を問わず、「私も着てみたい」と思ってしまうのではないだろうか。
 最近では一般の人に久留米絣の魅力を知ってもらおうと、要予約で工房見学の受け入れや、染めや織りの体験講習なども積極的に行なっている。ぜひ広川町まで足を伸ばして、久留米絣の真髄に触れてほしい。


藍染めの原料となる「すくも」で白い糸を染め、母のツナヨさんの手で丁寧に織り上げられていく

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 内野樟脳

    (工芸品)
    鉱泉の湧く瀬高町長田で150年以上にわたって国産クスノキ100%の樟脳を作り続けてきた『内野樟脳』は…

    詳細を見る
  • 陳列室 七耀舎

    (雑貨)
    潜り戸のようなドアから室内へ一歩踏み入ると、まるで博物館か美術館のバックヤードのような雰囲気。とはい…

    詳細を見る
  • 三丸家具民芸館

    (工芸品)
    丈夫さを追求した機能性で荘厳な面持ちある装飾美を兼ね備えた金具箪笥は、生活の中でも際立った存在感が空…

    詳細を見る
  • アンティーク華乃家[ はなのや ]

    (雑貨)
    骨董屋ならではの雑然とした雰囲気はない。手入れの行き届いた店内からは、店主のモノを大切にする愛情と誠…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県八女郡広川町大字長延241
TEL
0943-32-0332
営業時間
定休日
席数
あり
駐車場
カードの使用
喫煙
ホームページ
http://kasuri.net/
アクセス
九州自動車道「広川IC」から車で約10分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る