探すちくご
印刷する
三潴銀行記念館・九州紙幣博物館

タイムスリップしたかのような
アールデコ様式のクラシカル空間

一世紀の歴史を誇る洋風建築の三潴銀行は、明治末期(1909年)に、大川市内で同じ洋風建築の清力本社を建てた筬島伝太郎氏によって建築された。構造はレンガ造コンクリート塗りで、窓などの装飾部分には花崗岩が使われる。屋根は石板葺、周囲は銅板葺で、頂部には避雷針があります。室内はケヤキ材を用い、天井にはドイツ製の厚い鋳型打ちブリキ、ペチカ(暖炉)には大理石とイタリア製の絵入りタイルが使用されている。
 各地にある歴史的文化財の中でも、天井に鋳型打ちブリキを使用している例は稀な貴重な建造物。レトロ気分で大川のタカラを堪能しよう。
 三潴銀行記念館内には、西日本最大の九州貨幣博物館もある。「万延大判金」や「天保小判金」など貴重な貨幣を1,500点が展示され、日本のお金の歴史をについて学ぶことができる。ほかにも、私たち日本人になじみの深い有名人たちが印刷された紙幣がある。なかなか見ることの出来ないこれらの紙幣も貨幣博物館でみることができる。見学の際は、前日までに要予約。


取材memo
※現在休館中(2015年3月現在)

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 大川観光情報センター

    (歴史・文化)
    大川市がイタリア・ポルデノーネ市と姉妹都市を提携していることから、「南欧の香りがする街」をコンセプト…

    詳細を見る
  • 万田坑

    (歴史・文化)
    明治後期~昭和初期の主力坑だった「万田坑」の跡。1893年に完成した高さ18.8mの第二竪坑櫓と煉瓦造2階建て…

    詳細を見る
  • 久留米シティプラザ

    (歴史・文化)
    久留米市中心部の六ツ門町に4月27日(水)にオープンする文化・交流施設。1514席規模の『ザ・グランドホール…

    詳細を見る
  • ひろかわ藍彩市場

    (歴史・文化)
    広川町産業展示会館内1階にある施設。広川町を代表する特産品である久留米絣(かすり)の反物から洋服、小…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大川市向島2367
TEL
0944-86-8810
営業時間
10:00~17:00
定休日
毎週火曜・水曜(ただし、前日まで予約すれば開館可)
席数
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
不可
ホームページ
http://www.mizumabank.jp
アクセス
九州自動車道 八女ICより車で約45分、九州自動車道 みやま柳川ICより車で25分、長崎自動車道 佐賀大和ICより車で約50分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る