探すちくご
印刷する
辰巳窯

土と炎が生み出した素朴な存在感の器

小石原で唯一、薪の登り窯にこだわる『辰巳窯』。1250℃くらいの高温で焼く窯が、予測不可能な色合いを作り出す。「作品の表情は“焼き”でつける」と語るのは窯元・長沼武久さん。窯を開いた父・眞さんのひたむきにロクロを回す姿をみて育った。素朴が好き。飾らずにいたいという自身の生き方が自然と作風に現れている。陶芸をはじめて四半世紀、あくまでも“土と炎”を生かした作陶を続けている。


土の風合いが引き立つ素朴なデザイン

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 桐里工房 [ きりこうぼう ]

    (工芸品)
    古来より重宝されている桐(きり)の家具は、火や水に強く、軽い。さらに木目も美しく手触りもやさしい。「…

    詳細を見る
  • 四月の魚

    (雑貨)
    昭和30年代に建てられ、もとは歯科医院として使われてきた建物を利用している店内は、白くて清い佇まい。「…

    詳細を見る
  • 木工詩人

    (雑貨)
    八女・福島の町家に工房を構え、木の家具やカトラリーなどを作る國武秀一さん。「久留米で訪れた、あるカフ…

    詳細を見る
  • 荒木製蝋

    (工芸品)
    江浦にある『荒木製蝋』は江戸時代から続く、今では日本に3軒しかない木蝋(櫨蝋)の製造所。木蝋で作る和…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県朝倉郡東峰村大字小石原1354-2
TEL
0946-74-2440
営業時間
9:00〜18:00
定休日
不定
席数
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
不可
ホームページ
アクセス
大分自動車道杷木ICより車で約30分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る