探すちくご
印刷する
鶴見窯元

時代の流れに合わせて
新しいものを作っていく

 鶴見窯では、「実際に食卓で使ってみたい」と思わせるかわいらしい器たちが出迎えてくれた。「伝統を守りながらも、堅苦しくない小石原焼を作っていきたい」と話す2代目の和田義弘さん。彼の手からは、飛び鉋をドット柄のように施したパスタ皿や、刷毛目を大胆な配色で取り入れたサラダボウルなど、普段の食卓を彩る器が生み出されている。和田さんの想いと夢をカタチにした器たちは今、東峰村をはじめ県内外のカフェやレストランで使われ、多くの人に受け入れられている。


何を盛り付けようかと考えるだけでも楽しくなってくる器たち

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 藍染絣工房 山村健

    (工芸品)
    かつては庶民の普段着だった絣。伊予、備後と並んで、日本三大絣に数えられる久留米絣は、ちくごを代表する…

    詳細を見る
  • マルダイ窯

    (芸能・芸術)
    『マルダイ窯元』がある皿山地区は、昔から窯元が集中していた小石原焼を代表する地区だ。現在15代目の太田…

    詳細を見る
  • 鶴見窯元

    (芸能・芸術)
    鶴見窯では、「実際に食卓で使ってみたい」と思わせるかわいらしい器を製作している。「伝統を守りながらも…

    詳細を見る
  • 久留米市美術館/石橋正二郎記念館

    (芸能・芸術)
    久留米市美術館は、1956年に開館した石橋美術館の活動を引き継ぎ、 2016年11月19日、新たにスタートします…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県朝倉郡東峰村大字小石原鼓2443
TEL
0946-74-2552
営業時間
9:00〜18:00
定休日
不定休
席数
10席(●体験の際の席数)
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
不可
ホームページ
http://www.tsurumigama.com
アクセス
大分自動車道杷木ICより車で約20分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る