探すちくご
印刷する
マルダイ窯

静かに伝統を守り続ける
歴史ある窯元を訪ねて

『マルダイ窯元』がある皿山地区は、昔から窯元が集中していた小石原焼を代表する地区だ。現在15代目の太田万弥さんは、「受け継がれてきた伝統を守りながら、たくさんの人たちに使われる小石原焼を作っていきたい」と言う。
太田さんの作る器は、食卓で決して出しゃばることのない素朴で温かみのあるものばかり。淡く優しい青の刷毛目を施した小蜂皿や、飛び鉋で縁どりされたとり分け皿を手に取ってみると、大切な人と一緒に食事をしたくなってくる。マルダイ窯の小石原焼は、開窯当時から守り続けられてきた深みのある色を今も放ち、人々の暮らしにそっと溶け込んでいる。


手ごろな価格で気軽に購入できるものもあります

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 辰巳窯

    (芸能・芸術)
    小石原で唯一、薪の登り窯にこだわる「辰巳窯」。焼成時の窯の温度は約1250度。この高温の炎が作り手自身も…

    詳細を見る
  • 小野窯元

    (芸能・芸術)
     物心ついた頃から父の作陶を手伝っていた小野政司さんは「この道に進むことへ何の疑いもなかった」と話す…

    詳細を見る
  • 鶴見窯元

    (芸能・芸術)
     鶴見窯では、「実際に食卓で使ってみたい」と思わせるかわいらしい器たちが出迎えてくれた。「伝統を守り…

    詳細を見る
  • 翁明窯元

    (芸能・芸術)
    かわいらしくどこか愛嬌のある器。「若い女性の作品ですか?」とよく訊ねられるそうだ。作者は小石原焼の重…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県朝倉郡東峰村大字小石原766
TEL
0946-74-2031
営業時間
9:00〜17:00頃
定休日
不定
席数
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
不可
ホームページ
マルダイガマで検索して下さい
アクセス
大分自動車道杷木ICより車で約30分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る