探すちくご
印刷する
旭菊酒造

米本来のうまみを引き出した、飲み飽きない日本酒の旨さ

通常、経営者としての蔵元と、現場を任される杜氏がはっきり分かれている日本酒づくり。しかし、旭菊酒造の4代目、原田憲明さんは蔵元でありながら、現場の責任者として第一線で活躍して19年目。はじめは困難の連続だったというが、着実に納得できる味をつくり上げてきた。だが2010年、蔵が火災に遭うという最大の試練に見舞われる。「多くの方の励ましのおかげで、翌年には再建することができました」と、100年以上続く伝統の味は絶えることなく見事に復活。創業以来続く「旭菊」と、地元ちくごの山田錦を使う「綾花」の2銘柄を主軸に、味と香りのバランスの取れた日本酒を送り出している。

再建した酒蔵は現代の仕込みに合わせて設計。しかし工程は昔ながらの手作業が多く、経験と愛情がおいしさの決め手


この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • TOHAN [ トウハン ]

    (お酒)
    ドイツ南部のワイナリーに滞在した際、オリーブオイルの量り売りに出合ったという店長・石橋朋和さん。試食…

    詳細を見る
  • 巨峰ワイナリー/ホイリゲ

    (洋食)
    世界でも稀な“フルーツワインのエキスパート”と呼ばれるワイナリーを紹介しよう。ぶどうの中でも馴染み深い…

    詳細を見る
  • 若竹屋酒造場

    (お酒)
    時は元禄12年(1699年)、初代が酒づくりを始めた翌年に建てられた蔵は、今なお現役。赤穂浪士が仇討ちを果た…

    詳細を見る
  • 池亀酒造

    (お酒)
    筑後川のほとりにそびえる煙突が目印。「新しい醸造法を考案した初代の精神を受け継ぎ、伝統を守りながらも…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県久留米市三潴町壱町原403
TEL
0942-64-2003
営業時間
9:00~17:00
定休日
日祝日(土曜不定)
席数
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
ホームページ
http://www.asahigiku.com
アクセス
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る