探すちくご
印刷する
目野酒造

柳川市唯一の酒蔵から酒の魅力を発信する

水郷柳川にある唯一の酒蔵として知られる1890年(明治23年)創業の蔵元。酒造業を始めるまでは、筑後地方の特産物ハゼの実を使った和蠟燭を製造していたという。
 スッキリとした辛口でキレの良さが魅力の「国の寿 特別純米 壽限無」は、筑後川河口付近の貝殻層から出る伏流水を仕込み水に使用。ミネラルが豊富で鉄分、雑菌が少ない弱硬水のこの水は発酵力が強く醸造用に適しているのだ。また、酒米には地元の農家と共同で栽培に成功した「壽限無」という「山田錦」「夢一献」を掛け合わせた品種改良米を使用。ふくよかな米の旨みも特徴だ。
 蔵に隣接する「酒蔵の宴」では、予約制で1日1組限定(5〜20名まで)で、蔵出しの吟醸酒・純米酒を試飲しながら郷土料理を楽しめ、直売店「柳川地酒蔵」では、清酒だけでなく大吟醸で造られた贅沢な梅酒「吟の梅」や山田錦で造った焼酎「まゆり」など、様々な種類の酒を試飲できる。「敷居が高く見られがちな酒蔵をもっと気軽に訪れてほしい」という蔵元の思いが形になった場所だ。ここで造られる数々の酒そして地元酒の魅力をその肌でその舌で感じてほしい。


この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 若竹屋酒造場

    (お酒)
    時は元禄12年(1699年)、初代が酒づくりを始めた翌年に建てられた蔵は、今なお現役。赤穂浪士が仇討ちを果た…

    詳細を見る
  • 池亀酒造

    (お酒)
    筑後川のほとりにそびえる煙突が目印。「新しい醸造法を考案した初代の精神を受け継ぎ、伝統を守りながらも…

    詳細を見る
  • 山口酒造場

    (お酒)
    全国的にその名が知られる「庭のうぐいす」の故郷は、北野天満宮から徒歩1分ほどの参道沿い。太くて黒い柱、…

    詳細を見る
  • いそのさわ

    (お酒)
    名水100選、棚田100選にも選ばれた肥沃な土地柄と、フルーツの里としても知られるうきは市。なんとこの地域…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県柳川市三橋町百町766
TEL
0944-72-5254(代表)       0944-72-5255(柳川地酒蔵)
営業時間
10:00〜16:00(柳川地酒蔵)18:00〜21:00(酒蔵の宴)
定休日
土曜、日祝日
席数
駐車場
カードの使用
喫煙
不可
ホームページ
http://www.kuninokotobuki.co.jp
アクセス
西鉄天神大牟田線「柳川駅」よりタクシー7分/JR鹿児島本線「瀬高駅又は筑後船小屋駅」よりタクシー10分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る