探すちくご
印刷する
若波酒造

和醸良酒の精神でチーム若波は造りつづける

大正11年(1922年)創業。歴史にとらわれず若い波を作り出そうという思いと、蔵のそばを流れる筑後川の若々しい波の姿から「若波」と名付けられた。人の輪と絆があってこそ良い仕事、良い酒が生まれるということを意味する「和醸良酒」を大切にする精神は、「若波で造られる酒はチーム若波として育ててきました」と語る今村友香杜氏の言葉からも感じられる。
 代表銘柄である「若波」のなかでも「壽限無(じゅげむ)」という福岡県の新しい酒造好適米(山田錦と夢一献の掛け合わせ米)を使った純米吟醸は、フルーティーなバナナの吟醸香と食事に優しく寄り添ってくれる穏やかで上品な味が特徴だ。気候や水温によって変わる米の吸水率を整えるための細かな洗米や「瓶燗火入れ」など手作業で手間のかかる製法へのこだわりは「味の押し波、余韻の引き波」と表現される「若波」本来の味を届けるため。時間をかけて醸される静かながらも華やかな香りと柔らかい口当たりを楽しみながら、冷や、ぬる燗で味わいたい。
 全国初のあまおうリキュールの開発や、福岡県酒類鑑評会では出品した酒すべてが金賞を受賞するなど数々の華々しい功績も持つチーム若波。ちくごから新たな波をおこしている。


この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 池亀酒造

    (お酒)
    筑後川のほとりにそびえる煙突が目印。「新しい醸造法を考案した初代の精神を受け継ぎ、伝統を守りながらも…

    詳細を見る
  • (株)喜多屋酒造

    (お酒)
    江戸文政年間の創業以来「主人自ら酒造るべし」という家憲が受け継がれており、蔵元・杜氏・蔵人が一体とな…

    詳細を見る
  • 菊美人酒造

    (お酒)
    1735年創業の老舗の酒蔵がある瀬高町は、江戸時代には20以上の蔵が存在したという。また全国有数の酒どころ…

    詳細を見る
  • 若竹屋酒造場

    (お酒)
    時は元禄12年(1699年)、初代が酒づくりを始めた翌年に建てられた蔵は、今なお現役。赤穂浪士が仇討ちを果た…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大川市鐘ヶ江752
TEL
0944-88-1225
営業時間
8:30〜17:00
定休日
土曜(要問い合わせ)、日祝日
席数
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
ホームページ
http://www.wakanami.jp
アクセス
西鉄大牟田線「大善寺駅」下車、西鉄バス大川鐘ヶ江経由「三又」停留所前もしくは西鉄バス下林経由「川端通」停留所下車徒歩5分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る