探すちくご
印刷する
大牟田市 「定林寺のあじさい」

歴史ある寺院に咲く薄紫の紫陽花

 1199年建立と言われる中世三池氏の菩提寺で、文化財の三池氏供養塔や五輪塔などの石塔群が歴史を感じさせる寺院。別名あじさい寺とも呼ばれ、200株およそ8000本のあじさいが咲く。
 雨の季節、歴史と風情ある寺院にしっとりと映える薄紫が、境内を訪れる多くの人々をやさしく迎えてくれる。


取材memo
例年5月下旬~6月中旬が見頃です

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 大牟田市 臥龍梅(普光寺)(がりゅうばい・ふこうじ)

    (歴史・文化)
     歴史と伝説の山、天台宗の古刹「普光寺」に咲き乱れる「臥龍梅」。全長24メートルに渡って広がる姿が、ま…

    詳細を見る
  • うきは市 つづら棚田

    (歴史・文化)
     初秋になると棚田の畦を真っ赤に彩る彼岸花と、稲刈り前の黄金色の稲穂のコントラストが美しい「つづら棚…

    詳細を見る
  • 八女市 谷川梅林

    (歴史・文化)
     九州有数の梅の産地として知られる八女郡立花町にある「谷川梅林」は、80ヘクタールの広大でなだらかな斜…

    詳細を見る
  • 大木町 ケイトウ

    (歴史・文化)
     10月になると町の各所で見ることができる「ケイトウ」。面積の約14%を占めるという日本屈指のクリーク地…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大牟田市今山1878
TEL
0944-52-2212(大牟田市観光協会)
営業時間
定休日
席数
駐車場
あり
カードの使用
喫煙
ホームページ
アクセス
JR鹿児島本線大牟田駅より西鉄バス普光寺行き終点下車徒歩10分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る