探すちくご
印刷する
広川町 イチョウ(太原(たいばる))

町のシンボルツリーで
一面が黄金色に染まる

 昭和58年に町の木として制定されたイチョウは、秋が深まり冬に近づくと美しく色づく。特に太原地区は、周辺を黄金色に埋め尽くす圧巻の景色を一目見ようとたくさんの人が訪れる。カメラを持参する人も多い。
 町制施行30周年を記念して公募され、制定された町のシンボルツリー。四季の変化に富み、その風格のある姿から、「町民にいつまでも親しまれ、躍進する」広川町を感じるという理由から決定した。


取材memo
例年11~12月あたりが見頃です。

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 柳川藩主立花邸 御花

    (歴史・文化)
    堀に囲まれた7千坪の敷地全体が、江戸時代を通じて柳川藩11万石を治めた立花家の歴史を伝える「立花氏庭園…

    詳細を見る
  • 共星の里 黒川inn美術館

    (芸能・芸術)
    平成7年3月31日 - 黒川小学校、廃校。過疎化の進んだ旧甘木市高木地区では、仕方のない決断だった。しかし、…

    詳細を見る
  • 筑前町立 大刀洗平和記念館

    (歴史・文化)
    かつて東洋一と謳われた大刀洗飛行場があったこの地に’09年10月にオープンした「平和への情報発信基地」。…

    詳細を見る
  • 鶴味噌醸造並倉

    (歴史・文化)
    柳川の川下りで印象に残る風景といえば、この「並倉」の景色。堀割の水面にゆらゆら映る美しいレンガの壁面…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県八女郡広川町大字久泉(竜光寺公園広川球場北側道路を東に直進約800m。地方道久留米立花線82号線より手前)
TEL
0943-32-1142(広川町商工観光課)
営業時間
定休日
席数
駐車場
なし
カードの使用
喫煙
ホームページ
アクセス
九州自動車道広川ICより車で10分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る