探すちくご
印刷する
今村天主堂(国の重要文化財)

天を仰ぐ八角形の二つの塔が印象的なロマネスク風様式の聖堂

今村天主堂(通称:今村カトリック教会・今村教会堂)は、長崎を中心に多くの教会堂建設を手掛けた鉄川与助の設計・施工により大正2年に完成した。
鉄川与助は五島出身の大工棟梁で、彼の手掛けたなかでは青砂ヶ浦天主堂(新上五島町・明治43年築)、田平天主堂(平戸市・大正7年築)、江上天主堂(五島市・大正7年)、頭ヶ島天主堂(新上五島町・大正8年)が、すでに国の重要文化財に指定され、この今村天主堂も2015年に国の重要文化財に指定された。
今地区は近世以来隠れてキリスト教を信仰した里で、長崎の大浦天主堂のローケイニュ神父が派遣した浦上の4人の信徒たちにより1867年(慶応3年)に今村の信徒が発見された。
天主堂は筑後平野の農村にそびえ建ち、近づくほどにその大きさ、その高さ、その美しさに圧倒される。脇入口から入堂すると、高いリヴ・ヴォールト天井やステンドグラス、完成度の高い立面構成・意匠など、祈りの場を目にすることができる。


取材memo
[料]無料 

※団体は要予約

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 九州歴史資料館

    (歴史・文化)
    古代九州を統括した大宰府跡の出土品をはじめ、古文書や仏像などの展示を通じて、古代から近代に至る福岡県…

    詳細を見る
  • 大牟田市石炭産業科学館

    (歴史・文化)
    明治、大正、昭和と、日本の近代化に貢献した大牟田の炭鉱。その遺産を守り、後世に伝えようと活動する人た…

    詳細を見る
  • 大牟田市 臥龍梅(普光寺)(がりゅうばい・ふこうじ)

    (歴史・文化)
     歴史と伝説の山、天台宗の古刹「普光寺」に咲き乱れる「臥龍梅」。全長24メートルに渡って広がる姿が、ま…

    詳細を見る
  • 筑後川昇開橋

    (歴史・文化)
    筑後川の広い青空と鉄骨の赤とのコントラストが鮮やかな筑後川昇開橋。昭和10年、国鉄佐賀線の開通に合わせ…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県三井郡大刀洗町今707
TEL
0942-77-0173(大刀洗町役場地域振興課)
営業時間
拝観/9:00~17:00(日曜12:00~17:00)
定休日
月曜とミサや典礼の時間帯は内部の拝観は不可
席数
駐車場
あり
カードの使用
喫煙
ホームページ
アクセス
大分自動車道「筑後小郡IC」より車で約15分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る