探すちくご
印刷する
筑後川昇開橋

今は静かに向かい合う赤い獅子

筑後川の広い青空と鉄骨の赤とのコントラストが鮮やかな筑後川昇開橋。昭和10年、国鉄佐賀線の開通に合わせ、筑後川下流に架橋された福岡県大川と佐賀県諸富とを結ぶ鉄道橋だ。橋の全長は507m。その中央に向かい合うように頭をもたげた高さ30mの2つ鉄塔。跳ね橋とは異なり、鉄塔の間を垂直に昇降できる可動橋を備え、通常時は船を優先して橋桁は上に、列車が来ると下に降ろすという仕組みになっていた。昭和62年3月の佐賀線廃線により、昇開橋としての役割を終えたが、平成8年に筑後川昇開橋遊歩道として開通。平成15年には重要文化財に指定。現在は1日に8回、可動橋が下され、その間は対岸へ通行が可能となっている。


取材memo
※料金:無料
※〈詳細マップ〉は筑後川昇開橋観光財団を示しています。詳細はお問い合わせください。

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • 旧吉原家住宅

    (歴史・文化)
    江戸時代、柳河藩・小保町の別当職を代々務め、後に蒲池組の大庄屋となった吉原家の邸宅。玄関の一部に残さ…

    詳細を見る
  • 若津港導流堤

    (歴史・文化)
    干潮時、川の真ん中を左右に割くように現れる石積み。筑後川河口から上流に向けて約6.5kmの間に現れる幅約11…

    詳細を見る
  • 万田坑

    (歴史・文化)
    明治後期~昭和初期の主力坑だった「万田坑」の跡。1893年に完成した高さ18.8mの第二竪坑櫓と煉瓦造2階建て…

    詳細を見る
  • 小郡市 如意輪寺(にょいりんじ)

    (歴史・文化)
    境内には、カエルの石像や置物など5000点以上がコレクションされているとい う、通称「カエル寺」。その可…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県大川市大字小保614-6(筑後川昇開橋観光財団)
TEL
0944-87-9919
営業時間
8:30〜17:00
定休日
月曜
席数
駐車場
カードの使用
喫煙
ホームページ
http://www.shoukaikyou.com/
アクセス
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る