探すちくご
印刷する
水車そば さかせ

自然と想いのある人が共存する広川で
蕎麦を心ゆくまで楽しみたい

緑に溢れ静かな時間が流れる、人里離れた山の中。薬師堂の境内から湧き出る清らかな水に恵まれた、筑後川の上流(広川の源流)・白金山のふもと逆瀬谷に『水車そば さかせ』はある。ここの蕎麦の一番の特徴は、水車の動力を使って挽く蕎麦粉にある。大きな石臼でゆっくりと時間をかけて蕎麦粉を挽くことで、熱で成分を壊すことなく、蕎麦本来の味と香りを最大限に引き出すことができるという。北海道幌加内産の玄蕎麦と薬師堂の地下水を使用して作ったその蕎麦は、とにかく風味豊かで味わい深い。思わずうなずき、笑顔が出てしまうほどだ。
 その水車も、わざわざ訪れてでも鑑賞したい名作だ。水車の名工として全国的に名を轟かせる故・中村忠幸氏が伝統技術継承のために設計した直径7mにもなる県下随一の作品で、小さな流れから巨大なパワーを生み出す中村氏の設計は伝説ともいわれている。
 この水車と蕎麦を通して地域を活性化したいという思いで店を開いた店主の永野住男さんは、「とにかく真心の籠った蕎麦で、お客さんに喜んでもらいたい」と、独学で打ち方を修得した蕎麦と、自ら裏山に足を運んで採りに行った山菜でもてなしてくれる。さらに美味しさを追求するあまり、篩(ふる)いもオリジナルで開発するというこだわりよう。そんなエネルギッシュな店主とおかみさんが想いを込めて作った味を求めて、またいつか足を運ぼうと心に誓うのだ。


20年たってもにごらないという福岡県水の百選に選ばれた薬師堂の霊水を使用するざるそば(800円)。もはや〝山菜博士〟と言っても過言ではないほど博識な店主が採った山野草は、フキノトウやヨモギなど40~50種類が季節ごとに楽しめる。山野草天ぷら(800円)

取材memo
蕎麦の旨さの決め手は「いかに香りを残すか!」と永野さん。機械で蕎麦粉を挽くと、熱が生じて香りが飛んでしまうが、石臼は蕎麦粉を冷やす役割も果たすので、風味豊かな蕎麦に仕上がるのだとか

この物件を検索した人は、こんな物件にも興味を持っています。
  • まぁぼや

    (麺類)
    店主・松尾伸之さんは、東京の名店・赤坂四川飯店で修行を積み、約4年前に故郷である吉井町に店を開いた。名…

    詳細を見る
  • 土俵うどん

    (麺類)
    太くて周りがふわっとしているから、腰砕けになるかと思いきや、そうではない。太い中にも、しっかり芯が残…

    詳細を見る
  • UDON こなから

    (麺類)
    平皿に盛られるのは、和・洋・中のエッセンスを取り入れた種類豊富な創作うどん。2種類の麺を使い分け、鮮度を…

    詳細を見る
  • 富龍らーめん

    (麺類)
    昭和46年創業の老舗ラーメン店。佐賀県伊万里市にルーツを持つという豚骨ラーメン(560円)は、二代目店主の…

    詳細を見る
福岡県観光情報サイト“クロスロードふくおか”でさらに検索!
SHOP DATA
住所
福岡県八女郡広川町大字水原2777-1
TEL
0943-32-6525
営業時間
11:00~16:00
定休日
火曜
席数
20席
駐車場
あり
カードの使用
不可
喫煙
ホームページ
アクセス
九州自動車道「広川IC」より車で約15分
ACCESS MAP

〈広域マップ〉

〈詳細マップ〉

大きな地図で見る